開催日程 重賞競走体系図 スタリオンシリーズ競走 番組編成要領
重賞競走案内 トップページ > 重賞競走体系図 > 重賞競走案内

北海道スプリントカップ



昨年の優勝馬「ダノンレジェンド」
昨年の優勝馬「ダノンレジェンド」
門別競馬場
条件/サラブレッド系3歳以上オープン
施行競馬場/門別競馬場
距離/1,200m
1着賞金/2,200万円

北の大地の初夏に舞う、一陣の風となれ――

 1997年、札幌競馬場ダート1,000mの条件で第1回が行われる。その後は旭川・門別の同距離でも施行されていたが、2010年の第14回より現在の1,200mに変更。ホッカイドウ競馬前半戦のハイライト、そして北の大地に初夏を告げる一戦として親しまれている。2000年にはホッカイドウ競馬所属のオースミダイナーが12歳(現表記)で勝利し、ダートグレード競走最高齢勝利記録を樹立した。
 今年はホッカイドウ競馬でデビューしたニシケンモノノフが、約3年8か月ぶりに門別の地を踏む。2歳時にイノセントCをレコード勝ちした快速馬だが、近走もダートの重賞戦線で堅実駆け。地元ファンの前で久々に快走を見せつけられるか。GT馬スノードラゴンは過去2回参戦しAB着。持ち前の末脚で「三度目の正直」をめざす。重賞初挑戦の前走・かきつばた記念で3着と好走したショコラブランは、今度こそ初タイトルを狙う。
 迎え撃つ地元勢は、実に5年連続の出走となるアウヤンテプイ、4月のジャスタウェイ・プレミアムで同馬とハナ差まで迫り、前哨戦のキンシャサノキセキ・プレミアムを勝利したメイショウノーベルが中心。昨年の優駿スプリント(大井)を制したエイシンヒートも転入初戦を好内容で差し切り勝ちを収め、ただ一頭の4歳馬で勢いに注目だ。佐賀競馬からはホッカイドウ競馬所属時に重賞5勝を挙げたウルトラカイザーが参戦する。

※出走馬は6月2日現在の情報をもとにしております。

●出走表はこちら



昨年の競走成績(昨年以前はこちら
農林水産大臣賞典日刊スポーツ賞
第20回北海道スプリントカップ〔Jpn3〕
平成28年6月9日 門別競馬場1200m
雨・不良
着順 枠番 馬番 馬   名 負担重量 騎 手 調教師 タイム
1 7 11 [J]ダノンレジェンド 58.0 [J]M.デムーロ 村山明 1.09.9
2 6 8 [J]ノボバカラ 57.0 桑村真明 天間昭一 1.09.9
3 4 5 [J]スノードラゴン 59.0 [J]大野拓弥 高木登 1.10.7
▽単勝(11)160円 ▽複勝(11)100円(8)110円(5)150円 ▽枠連(6)-(7)170円 ▽馬連(8)-(11)180円
▽馬単(11)-(8)260円 ▽ワイド(8)-(11)120円(5)-(11)230円(5)-(8)350円
▽三連複(5)-(8)-(11)420円 ▽三連単(11)-(8)-(5)1,040円


(一社)北海道軽種馬振興公社(Official web site since 2001)
当サイトで使用している写真、及び、テキスト等すべてのデータの無断転載を禁止します。

サイトマップリンクメール携帯サイト案内公社概要