開催日程 重賞競走体系図 スタリオンシリーズ競走 番組編成要領
重賞競走案内 トップページ > 重賞競走体系図 > 重賞競走案内

サンライズカップ



昨年の優勝馬「ヒガシウィルウィン」
昨年の優勝馬「ヒガシウィルウィン」
門別競馬場
条件/サラブレッド系2歳オープン
施行競馬場/門別競馬場
距離/1,700m
1着賞金/300万円

激戦必至の2歳路線、陽光の差す王道へ

 2001年に創設された2歳重賞。創設された当初は門別競馬場1,800mの条件で施行され、09年より現在の条件へ。およそ1ヵ月後に行われるダートグレード競走・北海道2歳優駿への前哨戦として位置づけられており、過去3頭の優勝馬(04年モエレアドミラル、09年ビッグバン、13年ハッピースプリント)が同競走を制している。
 現時点では、6月の栄冠賞で1・2・3着と上位に入った馬が揃って出走を表明。栄冠賞馬のサザンヴィグラスは初の1,700m戦だった前走はクビ差惜敗だったものの、終いの切れ味はさすがのものがあった。この距離2戦目で前進なるか。栄冠賞2着馬ハッピーグリンはその後、2度のJRA札幌遠征で連続して3着と見せ場十分。7月以来の地元戦で更なる躍進へ。そして、栄冠賞3着のヤマノファイトは前走・イノセントCで待望の重賞初制覇。半兄は14年の北海優駿を制したヤマノミラクルで、距離延長も望むところ。その他には、前走同距離のウィナーズチャレンジで6馬身差の圧勝劇を演じたリコーパイソンも上位争い。

★JRA・GT〔ホープフルステークス競走〕ステップ北海道ブロック代表馬選定競走
★1・2着馬には「第44回北海道2歳優駿〔JpnV〕」(10月31日、門別競馬場)の優先出走権を付与
★1着馬の馬主に「マクフィ」の次年度種付け権を付与【スタリオンシリーズ競走】

※出走馬は9月28日現在の情報をもとにしております。

●出走表はこちら



昨年の競走成績(昨年以前はこちら
JRA認定大阪スポーツ杯
第16回サンライズカップ〔H2〕(スピルバーグ賞
平成28年10月6日 門別競馬場1700m
曇・不良
着順 枠番 馬番 馬   名 負担重量 騎 手 調教師 タイム
1 2 2 ヒガシウィルウィン 55.0 宮崎光行 角川秀樹 1.49.1
2 5 5 スウィフトハート 55.0 井上俊彦 林和弘 1.49.1
3 8 12 リコーソッピース 55.0 石川倭 川島洋人 1.49.6
▽単勝(2)190円 ▽複勝(2)120円(5)190円(12)450円 ▽枠連(2)-(5)420円 ▽馬連(2)-(5)860円
▽馬単(2)-(5)1,370円 ▽ワイド(2)-(5)310円(2)-(12)580円(5)-(12)2,610円
▽三連複(2)-(5)-(12)3,360円 ▽三連単(2)-(5)-(12)12,270円


(一社)北海道軽種馬振興公社(Official web site since 2001)
当サイトで使用している写真、及び、テキスト等すべてのデータの無断転載を禁止します。

サイトマップリンクメール携帯サイト案内公社概要