レースガイド

開催日程

イノセントカップ

イノセントカップ

■条件/サラブレッド系2歳オープン
■施行競馬場/門別競馬場
■距離/1,200m
■1着賞金/250万円

門別競馬場

※この競走の1着馬の馬主には、「エスケンデレヤ」の次年度交配権が付与されます。

「若さ」は最大の強み 初冬の6ハロン戦で躍動

 2001年に門別競馬場・ダート1,200mの条件で第1回が行われる。翌年からは旭川・ダート1,500mに条件が改められ、夏のナイター照明のもとで行われる2歳重賞として親しまれてきたが、門別「グランシャリオナイター」開始の09年より当初の条件に改められた。後の東京ダービー馬・アンパサンドが06年に同競走を勝利しているほか、近年の勝ち馬からはニシケンモノノフやリンダリンダ、ヤマノファイトなど、JRAのダート路線や南関東クラシックでの活躍馬も輩出している注目の1戦だ。
 レコードチェイサーはエーデルワイス賞こそ6着に敗れたものの、他頭数で揉まれる形の競馬を経験できたのは今後の糧になったはず。9月のすずらん賞(札幌競馬場)ではホッカイドウ競馬勢再先着の5着に入ったように、速力は現2歳世代でも指折りの1頭だ。グリードパルフェは前走・サッポロクラシックCで最後方から脚を伸ばし3着。課題の気性面にも着実に良化が伺える。ルマーカーブルは今回と同舞台で行われた8月の2歳オープン・ペリドット特別で勝利。鎌倉記念(川崎競馬場)では初の遠征という壁に阻まれたが、地元戦で巻き返しなるか。サッポロクラシックCで2歳レコードタイムに0秒1差に迫る快走を見せたエムオータイショウ、栄冠賞で2歳世代最初の重賞ウィナーの座に輝いたイッキトウセンも、出走すれば有力候補になりそうだ。

●出走表はこちら

昨年の優勝馬「ヤマノファイト」
昨年の優勝馬「ヤマノファイト」

昨年の競走成績(昨年以前はこちら

2017年9月14日(木)
第11回 門別競馬 6日目 1200m(外) 
【発走時刻】20:40  【天候】曇  
【馬場状態】重 

第11競走 JRA認定 競馬ブック杯 第17回イノセントカップ〔H3〕(エスケンデレヤ 

(2歳オープン サラ系2歳 定量)

【賞金】
1着 2,500,000円
2着 500,000円
3着 375,000円
4着 250,000円
5着 125,000円
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差
1 8 8 ヤマノファイト 牡2  54.0 阿部龍 村上正和 520(+22) 1:13:9
2 2 2 ミスターバッハ 牡2  54.0 山本咲希到 松本隆宏 464(0) 1:13:9 クビ
3 4 4 アポストル 牡2  54.0 服部茂史 田中淳司 510(+8) 1:14:3
単勝 8 240円 1番人気
複勝 8
2
4
110円
130円
140円
1番人気
2番人気
3番人気
枠複
馬複 2−8 630円 2番人気
馬単 8→2 810円 1番人気
ワイド 2−8
4−8
2−4
260円
280円
330円
1番人気
2番人気
3番人気
三連複 2−4−8 700円 1番人気
三連単 8→2→4 2,370円 2番人気