レースガイド

開催日程

グランシャリオ門別スプリント

グランシャリオ門別スプリント

■条件/サラブレッド系3歳以上オープン
■施行競馬場/門別競馬場
■距離/1,000m
■1着賞金/300万円

門別競馬場

※この競走の1着馬の生産牧場には、「ミッキーアイル」の2020年種付権利が付与されます。

「速さ」は「強さ」だ 永遠に残る一瞬の輝き

 2011年に創設された、競走距離1,000m以下のレースのみで構成されるシリーズ競走「スーパースプリントシリーズ」の1戦。当初はオープン特別としての位置づけだったが、15年より重賞競走に格上げされ、第1回としてあらためて施行された。本競走は古馬重賞で唯一の1,000m戦。門別競馬場における最短距離を舞台に繰り広げられるわずか60秒のスピードバトルは、ゴールまでまばたきの暇を与えない。
 メイショウアイアンは前走・北海道スプリントカップで、地方最先着の2着と健闘。若武者・落合玄太騎手を背に奮闘した姿は、多くのファンの印象に残ったことだろう。9歳を迎えても衰えるところを知らない切れ味を武器に、昨年2着の雪辱を果たせるか。これに対するのは連覇を目指すカツゲキライデン。昨年の逃げ切り劇は記憶に新しいところだが、当地では【11.2.1.7】という堅実味が持ち味だ。フジノパンサーは今年初戦のヱビスビール特別(4月23日)を逃げ切って再転入後初勝利。1,000m戦は2歳時のアタックチャレンジ勝利時以来となるが、スピードはこの相手でも引けを取らない。2歳時にJRAでオープン勝ちの実績があるタイセイプライドは転入初戦の「My AIRDO」特別(6月20日)を勝利し昇り調子。一昨年のクラスターC[盛岡]を制したブルドッグボス、短距離のダートグレード路線で堅実に駆けてきたショコラブランといった移籍初戦組も、実績十分だけに見逃せない存在だ。

※出走馬は6月27日現在の情報をもとにしております。

★1着馬には「習志野きらっとスプリント」(7月17日、船橋競馬場)への優先出走権を付与

●出走表はこちら

スーパースプリントシリーズ

当競走は「スーパースプリントシリーズ2019
対象競走となっております。

昨年の競走成績(昨年以前はこちら

2018年7月5日(木)
第6回 門別競馬 5日目 1000m(外) (13頭)
【発走時刻】20:40 【天候】【馬場状態】不良

第12競走 スーパースプリントシリーズ2018 第4回グランシャリオ門別スプリント〔H3〕(ミ

(一般オープン サラ系3歳以上 別定)

【賞金】
1着 2,500,000円
2着 500,000円
3着 375,000円
4着 250,000円
5着 125,000円
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差
1 7 10 カツゲキライデン 牡7 56.0 桑村真明 廣森久雄 476(+2) 1.00.0
2 7 11 メイショウアイアン 牡8 56.0 阪野学 田中淳司 498(+2) 1.00.1 クビ
3 5 6 タイセイバンデット 牡7 56.0 岩橋勇二 田中淳司 498(-16) 1.00.8
単勝 10 290円 2番人気
複勝 10
11
6
100円
120円
110円
1番人気
3番人気
2番人気
枠複 7ー7 490円 2番人気
馬複 10ー11 490円 2番人気
馬単 10→11 1,030円 4番人気
ワイド 10ー11
6ー10
6ー11
180円
160円
180円
3番人気
1番人気
2番人気
三連複 6ー10ー11 310円 1番人気
三連単 10→11→6 2,460円 6番人気