レースガイド

開催日程

エトワール賞

エトワール賞

■条件/サラブレッド系3歳以上オープン
■施行競馬場/門別競馬場
■距離/1,200m
■1着賞金/300万円

門別競馬場

※この競走の1着馬の馬主には、「アニマルキングダム」の2021年種付権利が付与されます。

「スピード王」への道 真夏の夜に煌めく流星たち

 2001年に創設。一時期はダートグレード競走・北海道スプリントカップの前哨戦としての意味合いが強かったが、15年の第15回より施行時期が夏に移動。今年はシーズン最終日に行われることとなった大一番・道営スプリントに向け、短距離路線の勢力図を占うとともに、ブリーダーズゴールドカップデーの掉尾を飾る一戦としても注目が集まるところだ。
 昨年のこの競走で2着馬に5馬身差をつけ、鮮烈な印象を残したジョウランが、連覇を目指して出走する。近況は長期休養などもあり勝ち切れない競馬が続いているが、前走の「JAバンクよりぞう特別」(7月16日)ではブラゾンドゥリスに肉薄した。ここは完全復活への狼煙をあげる1戦となりそうだ。
 アザワクはグランシャリオ門別スプリント(7月2日)で従来のコースレコードを0秒2更新して逃げ切り、待望の重賞初制覇を収めた。続く習志野きらっとスプリント(7月22日、船橋競馬場)では、各地の快速馬を相手に勝ち馬から0秒4差の4着と善戦。1ハロンの距離延長を克服し、10年ラブミーチャン以来の3歳牝馬による同競走Vを目指す。
 ニットウスバルはJRA所属時に6勝を挙げた実績馬。今年の北海道スプリントカップ(6月4日)でも、勝ったメイショウアイアンからおよそ2馬身差の4着と善戦した。グランシャリオ門別スプリントではスタート直後にバランスを崩した影響もあり6着と能力を発揮できなかっただけに、ここは雪辱を誓う1戦となろう。門別競馬場で16勝の実績を誇り、昨年4着からの巻き返しを狙うソルサリエンテ、JRAや地方他地区で実績を挙げてきたオールドベイリー・エイシンバランサーらも上位を狙う。

★1・2着馬に「第1回ウポポイオータムスプリント」(9月22日)および「第15回道営スプリント」(11月5日)への優先出走権を付与

※出走馬は8月6日現在の情報をもとにしております。

●出走表はこちら

昨年の競走成績(昨年以前はこちら

2019年8月14日(水)
第9回 門別競馬 5日目 1200m(外) (14頭)
【発走時刻】20:40 【天候】【馬場状態】稍重

第12競走 HBC杯 第19回エトワール賞〔H3〕(ビッグアーサー賞)

(一般オープン サラ系3歳以上 別定)

【賞金】
1着 3,000,000円
2着 600,000円
3着 450,000円
4着 300,000円
5着 150,000円
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差
1 6 10 ジョウラン 牡3 54.0 服部茂史 田中淳司 488(-8) 1.11.3
2 8 13 タイセイエクレール 牡6 58.0 岩橋勇二 田中淳司 522(-2) 1.12.4
3 3 3 フジノパンサー 牡6 57.0 石川倭 米川昇 502(-8) 1.12.4 アタマ
単勝 10 210円 1番人気
複勝 10
13
3
130円
350円
240円
1番人気
5番人気
4番人気
枠複 6ー8 2,140円 7番人気
馬複 10ー13 2,220円 8番人気
馬単 10→13 2,430円 8番人気
ワイド 10ー13
3ー10
3ー13
800円
680円
2,020円
7番人気
5番人気
18番人気
三連複 3ー10ー13 7,190円 19番人気
三連単 10→13→3 22,460円 62番人気