レースガイド

開催日程

ブリーダーズゴールドカップ

ブリーダーズゴールドカップ

■条件/サラブレッド系3歳以上牝馬オープン
■施行競馬場/門別競馬場
■距離/2,000m
■1着賞金/3,100万円

門別競馬場

「夏の女王」は、北の大地から大きく躍動

 1989年、地方・中央交流競走として、札幌競馬場・ダート2,400mの条件で第1回が行われる。その後1995年に旭川競馬場に舞台が移され、前年から始まった旭川ナイトレースの目玉競走として定着する。2009年に門別競馬場へ舞台が移された後も、夏の夜を彩る大一番として親しまれてきたが、2014年からは牝馬限定戦となり、地方競馬の祭典JBCレディスクラシックを見据える上でも重要な一戦となった。
 クイーンマンボは3歳時から3年連続の出走。過去2回は②③着とあと一歩の競馬が続いているが、2走前のスレイプニルS[東京]からコンビを組むM.デムーロ騎手を背に「3度目の正直」なるか。ビスカリアは今年初戦のTCK女王盃[大井]で初タイトルを獲得し、7歳にして実力開花。前走・福島牝馬Sでは10着に敗れたが、初の栄冠をもたらした森泰斗騎手[船橋]を背に、得意のダートの舞台で重賞2勝目を狙う。昨年の2着馬プリンシアコメータや、出走馬中唯一の3歳馬で前走・関東オークスを鮮やかに逃げ切ったラインカリーナはともに先行力が武器。アンデスクイーンも近況牡馬相手のオープン戦線でも④②④着と、着実に力をつけている。
 迎え撃つ地元馬の最右翼はクオリティスタートだろう。ヒダカソウCで待望の重賞初制覇を挙げると、ノースクイーンCで3着。今シーズン【4.2.1.1】という勢いそのままに、JRA勢撃破をもくろむ。アルティマウェポンは昨年のレディスプレリュード[大井]3着など、牝馬ダートグレード路線でも互角に戦ってきた実績の持ち主。前走・ノースクイーンCは先行馬有利の展開にも泣いた印象だが、大舞台で巻き返しなるか。2年前の同競走で地元勢最先着の5着と善戦したジュンアイノキミも、末脚を武器に上位を狙う。

※出走馬は8月8日現在の情報をもとにしております。

●出走表はこちら

GRANDAME-JAPAN

当競走は地方競馬牝馬重賞シリーズ
グランダム・ジャパン 2019
対象競走となっております。

昨年の競走成績(昨年以前はこちら

2018年8月16日(木)
第9回 門別競馬 6日目 2000m(外) (15頭)
【発走時刻】20:00 【天候】【馬場状態】不良

第11競走 JBC協会賞農林水産大臣賞典スポーツ 第30回ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3)

(一般牝馬オープン サラ系3歳以上 別定)

【賞金】
1着 31,000,000円
2着 6,200,000円
3着 4,650,000円
4着 3,100,000円
5着 1,550,000円
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差
1 6 11 [J]ラビットラン 牝4 57.0 [J]M.デムーロ [J]中竹和也 448(-4) 2.05.6
2 4 6 [J]プリンシアコメータ 牝5 56.0 [J]戸崎圭太 [J]矢野英一 486(+4) 2.06.4
3 3 5 [J]クイーンマンボ 牝4 57.0 [J]C.ルメール [J]中竹和也 496(-10) 2.07.1
単勝 11 650円 3番人気
複勝 11
6
5
150円
170円
100円
3番人気
4番人気
1番人気
枠複 4ー6 2,520円 8番人気
馬複 6ー11 1,890円 7番人気
馬単 11→6 4,270円 13番人気
ワイド 6ー11
5ー11
5ー6
510円
220円
220円
7番人気
3番人気
2番人気
三連複 5ー6ー11 720円 3番人気
三連単 11→6→5 8,400円 29番人気