レースガイド

開催日程

瑞穂賞

瑞穂賞

■条件/サラブレッド系3歳以上オープン
■施行競馬場/門別競馬場
■距離/1,800m
■1着賞金/300万円

門別競馬場

※この競走の1着馬の馬主には、「ケープブランコ」の次年度交配権が付与されます。

すべてはフィナーレのために 収穫の季節はすぐそこ

 1968年、岩見沢競馬場・ダート1,400mの条件で第1回が行われる。71年の第4回からは、基本的に春季に施行される古馬重賞だったが、21世紀に入ってからは赤レンガ記念と入れ替わる形で秋に施行時期が移行。クライマックス「道営記念」前の最後の古馬重賞として、各馬がどのようなステップを歩むかが注目だ。97〜2000年には、オースミダイナーが4連覇を果たした競走としても知られている。
 スーパーステションはホッカイドウ競馬へ再転入後、コスモバルク記念から重賞戦線を使われ続けて連勝街道を歩んでいる。前走の旭岳賞も、先行するドラゴンエアルをマークする形から直線で4馬身抜け出すという、レースぶりも成長が伺える内容だった。ここは重賞5連勝で最大目標への弾みをつけられるか。これに待ったをかける存在となりそうなのがハッピースプリント。古巣復帰初戦となった前走ロードカナロア・プレミアムは、1年5ヶ月のブランクを感じさせない完勝。当然、目標は「その先」ということにはなるだろうが、スーパーステションとは初対戦であり注目だ。再転入初戦のドゥラメンテ・プレミアムで白星を挙げたタービランスも完全復活をもくろむ1頭。今春には大井の重賞・ブリリアントCで実力馬リッカルドとも接戦を演じており、3歳時に南関東のクラシック・羽田盃を制した実力は衰えるところを知らない。ワークアンドラブはJRA在籍時に交流重賞・兵庫チャンピオンシップで4着。前走旭岳賞では強豪相手に3着と好走し、3歳馬でこれからの伸びしろも大きいだろう。タイムビヨンド・スティールキングら、捲土重来を期する実績馬たちの走りにも注目だ。

●出走表はこちら

昨年の優勝馬「ドラゴンエアル」
昨年の優勝馬「ドラゴンエアル」

昨年の競走成績(昨年以前はこちら

2017年10月11日(水)
第13回 門別競馬 5日目 1800m(外) 
【発走時刻】20:40  【天候】雨  
【馬場状態】重 

第12競走 中京スポーツ杯 第50回瑞穂賞〔H2〕(ケープブランコ賞) 

(一般オープン サラ系3歳以上 別定)

【賞金】
1着 3,000,000円
2着 600,000円
3着 450,000円
4着 300,000円
5着 150,000円
着順 枠番 馬番 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差
1 3 3 ドラゴンエアル 牡6  58.0 服部茂史 田中淳司 504(0) 1:54:8
2 1 1 ジュエルメッセージ 牝4  53.0 岩橋勇二 松本隆宏 484(0) 1:55:6
3 4 4 オヤコダカ 牡5  58.0 石川倭 米川昇 560(0) 1:55:7 3/4
単勝 3 740円 2番人気
複勝 3
1
250円
720円
3番人気
4番人気
枠複
馬複 1−3 6,260円 10番人気
馬単 3→1 15,430円 15番人気
ワイド 1−3
3−4
1−4
520円
130円
340円
8番人気
1番人気
4番人気
三連複 1−3−4 1,110円 3番人気
三連単 3→1→4 28,930円 45番人気